肌が真っ赤 敏感肌

肌が真っ赤な敏感肌は本来の肌力を取り戻す事が大切

肌の状態が悪いと、日々の生活もどんよりと曇ってしまいますよね。
朝起きて、鏡を見た時に、健康的で艶のある肌であれば、元気な一歩を踏み出す事が出来ます。

 

しかし、肌にも体質というものがあります。
オイリー肌混合肌敏感肌などといったものがあります。

 

どんなに日頃のスキンケアを気を付けて行っていたとしても、
肌の体質によってはトラブルから回避する事が出来ない場合もあるのです。

 

特に肌が真っ赤になってしまう事が多い敏感肌の方にとっては、
大きな悩みなのではないでしょうか?

 

 

 

肌が赤くなる原因

 

なぜ肌が真っ赤になってしまうのかと言えば、
真皮層にある毛細血管が傷ついてしまう事が原因です。

 

転んで膝などを擦りむいてしまった時に、出血をします。
出血は、肌の表面上の表皮部分を傷つけ真皮まで傷をつけた結果起きる事なのです。

 

肌が真っ赤な状態は、出血まではしていないものの,
皮膚への刺激がダイレクトに伝わり炎症を起こしているという事です。

 

表皮というのは、わずか0.2mmしかありません。
敏感肌の方であれば、0.2mmという表皮よりも薄い傾向があります。

 

ですので、角質層がしっかりと形成をされていない場合もあり、
ちょっとした温度の刺激や環境要因で真皮にまで刺激が伝わってしまうのです。

 

理想的な肌作り

 

敏感肌が原因となり、ニキビや皮膚炎になる可能性も多くあります。
しかも、肌機能が低下をしているわけですので、治りにくい状態になっているのです。

 

そのサイクルをそのままにしてしまうと悪循環になってしまします。
悪循環から抜け出すためには、外的な刺激からも影響を受けないような肌作りをする事が大切です。

 

本来、持っているはずの肌の機能を高めていくのです。
敏感肌用のスキンケア用品も多数販売をされているので、肌に合ったものを選ぶ事が大切です。

 

刺激の少ない洗顔料での優しい洗顔。
たっぷりなローションでの保湿。

 

最後には、ミルククリームなどでしっかりと潤してあげる事が必要になります。
肌は毎日生まれ変わって行きます。

 

日々のスキンケアの積み重ねによって、少しずつ肌を健康な状態へと近づけていく事が出来ます。
もしも、自分に合ったスキンケア用品と出会う事が出来ない場合には、皮膚科のクリニックへの受診がおすすめです

 

肌の機能が衰えている時に、刺激の少ないお薬を処方してもらう事が出来ます。
肌がしっかりと落ち着いてから、健康な肌作りをしていく事がおすすめです。
敏感肌でも、徐々に綺麗にしていく事が出来ます。

 

肌が真っ赤,敏感肌>>乾燥肌にしっかり保湿、アンチエイジングが可能なスキンケアはこちら<<